剣道【子供の教え方】指導法を間違えると試合に勝てない

剣道【子供の教え方】指導法を間違えると試合に勝てない

剣道【子供の教え方】指導法を間違えると試合に勝てない

子供に剣道するにあたり上達の妨げになる事は何でしょうか。

 

それは子供を次のような方法で指導する事です。

 

例えば
「大きな声で怒鳴りつけたりする事」
「厳しい稽古をさせる事」
「子供にイヤイヤ剣道をさせる事」
等です。

 

このような話をすると、
「子供は厳しくしないと、とても剣道の指導はできない」
という意見を持っている指導者の方がほとんどでしょう。

 

ですが、昔から日本人が行ってきた古い方法では
ある程度までは上達しても、それ以上に上達する事が難しいのです。

 

また、指導者の方の中には
「この子供は体が小さいから」
「この子供は身体能力が高くないから」
という理由から子供の上達を諦めてしまう方がいるように思います。

 

ですが、40年以上3000人以上の人の剣道を指導してきた
あるベテラン指導者によると
「体が小さくても、身体能力が高くなくても上達する方法は色々ある」
という事を語っています。

 

指導者の方が上達をあきらめたら
子供の剣道の上達がさらに難しくなる事でしょう。

  

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ