剣道【子供を指導する上で大切な事】

剣道【子供を指導する上で大切な事】

剣道,子供,指導,大切な事

子供に剣道を教える時に大切なのは
子供の自主性を大切にする事です。

 

「自主性を大切にする」という言葉を使うと
ちまたにありふれた使い古された言葉のように
感じる人が多いかもしれません。

 

ですが、なぜ「自主性を大切にする」という言葉が
ありふれているのでしょうか。

 

それは子供の指導や教育で重要な事だからです。

 

また、その内容的にも効果的であるので
いつまでも指導する側が大切にしているのです。

 

ですが「自主性を大切にする」という言葉の使用方法で
問題があるとすれば、

 

それは、その言葉のみが一人歩きをしていて
言葉の本質が大切にされていない事だと思います。

 

この言葉を剣道に当てはめるとしたら
目先の勝敗にこだわらない剣道指導という事になる事でしょう。

 

つまり目先の勝敗にこだわらずに
子供の剣道の上達に着目して指導をするという方法論です。

 

ですが、ここで問題になるのが
子供の剣道の勝ち負けによって
指導者が評価される世間の風潮がある事です。

 

つまり、子供の両親にも指導者の剣道の指導方針を
知ってもらうという事が重要となってきます。

 

「剣道の指導方針」と「保護者の理解」はセットで考える事が重要です。


剣道【子供を指導する上で大切な事】記事一覧

子供は何歳から剣道をすれば良い?

指導者にとっても「子供は何歳から剣道をすれば良いのか」と考える事がある事でしょう。ですが「子供の両親が剣道を習わせたい」と思ったその時が子供が剣道を始める時なのではないでしょうか。実際に早い子供さんは年中つまり4才ぐらいから剣道を始めているケースがあります。子供は早く始めれば、それだけ早く上達します...

≫続きを読む

 

子供が剣道をするメリット

子供が剣道をするメリットはやはり礼儀がきちんと身につくという事があるでしょう。最近良く聞く「ゆとり世代」という言葉を聞きますがゆとり世代の若者は敬語をうまく使えないという特徴があるようです。実は、この問題は「敬語」の使い方にあるのではなく上下関係の認識を感覚的にできているかとう事に尽きるのでしょう。...

≫続きを読む

 

  


ホーム RSS購読 サイトマップ